So-net無料ブログ作成
検索選択

CLIEへの果敢な挑戦

Foleo開発中止のニュースはかなり痛いけれど、よくよく考えれば「Palm Desktop for Linuxしか動かない重さ1kgのパソコン」+スマートフォン、を商品にするという企画自体に難があると思われます。ソニーはVAIOとCLIEを比較的有機的に繋げていた筈だけど、それですらコケてしまったわけだし。

そうなると、iPhoneやiPod Touchはなかなか期待が持てます。快適なPIMアプリが開発される日はいつになるのでしょうか。乗換ガジェット難民と化している某PEG-TH55ユーザーより。



http://search.nccl.sony.co.jp/pc/solution/SNC0105080000421/index.htmlの通り、CLIEはVistaとの相性が悪い。この原因は広く知られている通り、Hotsync.exeとCLIE Palm Desktop 4.1がVistaに未対応で、USB経由のHotsyncが出来ないことによる。

PD4.1およびCLIE PD4.1はVistaへのインストールが撥ねられてしまうのだけど、setup.exeを互換モードで動作させれば、(途中でインストーラ停止&Ctrl+Alt+Delの強制終了を要するものの)必要なファイルは全て導入される。その後、Hotsync.exeも互換モードで動作させればUSBでのHotsyncは可能。

ちなみに、先にXP上でインストールしてからOSをVistaにアップグレードする場合も、Hotsync.exeの互換モード動作は必須。



さて、互換モード動作にはやはり不安があるので、7月に発表されたPalm Desktop 6.2 Beta for Windows

http://www.palm.com/us/support/downloads/windesk62.htmlを試みてみた次第。Vistaをネイティブサポートしている。ちなみにOutLook Conduitsがついているので、Intellisync for PalmOSが不要となる。付属のHotsync.exeはUIも機能も洗練されている。英語版なので、当然ながら日本語は文字化けし、氏名の振り仮名もサポートされないので、CLIEとPD6.2βとの安全なデータ同期は出来ず。この点は日本語パッチを製作してくださる有志に期待か。



日本語を使うべく、CLIE Organizer for PCと(本来のCLIE PD4.1の代わりに)PD6.2βを組み合わせようとしたものの、クリオガのインストーラーがPD6.2βのDLLを認識せず、インストールは中断。PD6.2βのインストールディレクトリを\Palm→\SonyPDA(逆は不可)とするも変わらず。無理やりにPD4.1のDLLをPD6.2βと共存させようとしたところ、OS本体を巻き込んでフリーズ。結局この組み合わせは無理な模様。



結果として、

・標準アプリ&PDを使用→PD4.1のHotsync.exeを互換モードで動作

・クリオガ&クリオガPCを使用→CLIE PD4.1のHotsync.exeを互換モードで動作

というのが無難かと。

ちなみに私はPD6.2βのOutLook ConduitsとIntellisyncを用いてOutLookのデータを転送、CLIE上ではクリオガで表示…という捻り技を使用。手書きデータの同期が出来ないのは諦めますが、あと暫くCLIEを現役で使うためには必須のテクニックかと。



http://www.yama-arashi.com/com-clie/index.htm

に以前書いた、マルチデイ処理の問題はPD6.2βでも解決されていず。

OutLook予定表のマルチデイデータを適切にPalm用に変換するコンジット、クリオガ予定表と同等以上のPalmOS用カレンダーアプリ、ついでにiTunes for WindowsとPalmを同期させるコンジットがあればいいですなあ(Missing Syncを使えばいいですよ&Macなら大丈夫。というヒトは強制送還)。



最後に、CLIE SCSIドライバはVistaへのインストールは不可能みたい(無理に導入しようとしたところフリーズ)。XPからのアップグレードならば問題なく動作したのだけど、まだ当面の間、試行錯誤は続きそうです。。。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

やまあらし

自己レス。
純正SCSIドライバを認識させようとして試行錯誤を繰り返すうち、結局はWindowsの標準ドライバで巧く動作しました。
Hotsyncでなく、CLIE上でData Importを起動して接続した状態で、デバイスマネージャー上
UMBus Root Bus Enumerator
- UMBus Enumerator
- - CLIE MGMS
となっていました。ポータブルデバイスの一つとして(CLIE本体ではなく)MagicGateなメモステが認識されている次第。
ちなみにこのデバイスのドライバは
c:\windows\system32\drivers\UMDF\WpdFs.dll
c:\windows\system32\drivers\WUDFRd.sys
の2つ(いずれもMicrosoft純正)。はじめからこれを認識させれば良かったんですね~。
関連するINFファイルはwpdfs.infでした。なるほど。
by やまあらし (2007-09-07 02:57) 

NOW ON SALE

情報ありがとうございます。
WIN7 64BITでCLIE NZ90のHOT SYNC DATA INPORTができました。
感謝です!!
by NOW ON SALE (2012-04-14 09:15) 

やまあらし

あら。随分昔の情報でしたのに、参考にして頂いて誠にありがとうございます。
私も近日、数年ぶりにCLIEを使う予定なので、改めてこの情報を自ら参考にするつもりでおります。
by やまあらし (2012-05-08 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。