So-net無料ブログ作成
検索選択

音楽大行進 [音楽]

北海道音楽大行進の開会式を見てきました。もともとは護国神社祭と併せ、陸軍の御霊の鎮魂の目的があったそうな。

http://www.asta.or.jp/parade/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%A4%A7%E8%A1%8C%E9%80%B2

http://jp.youtube.com/watch?v=kgqlg-51rvs



去年はアフターコンサートにしか行けなかったので、今回は上記のことも含め、午前中に回診を済ませて石狩川河川敷へ。

「ニューファンファーレ」と「若い街から」の2曲

http://www.hat.hi-ho.ne.jp/asa-suiren/parade/ongkousi.htm

については、事前にMIDIデータ=譜面を読んできたものの、当たり前だけどやっぱり生演奏はいいですなあ~。

#合同演奏は一部の団体のみ。どうせなら全団体で演奏すればよさそうなものだけど、音量の問題もあるんですかね



数週間前からずっと、近所の高校のグラウンドから聴こえていた曲を調べようとしたら、早速本日の参加団体に関する記事を発見。

http://chirashilife.blog47.fc2.com/blog-entry-734.html

によると、「エルクンバンチェロ」というラテン系の曲で(上記Youtube動画の1:45~/4:11~など)、複数の団体が演奏しているので、そんなにメジャーな曲なのかと思ったら、案の上ニュー・サウンズ・イン・ブラス'95に収録されていたらしい。一時大ブームだったそうだけど、この頃は僕はもうブラバンから離れてたので知らない。



自宅に帰ってから、吹奏楽周りの情報をググっていると、米国Barnhouse社のサイト

http://www.barnhouse.com/

で、低画質版ながらフルスコアのPDFダウンロード可能という、非常にありがたいサービスを発見。R.シェルドンやJ.スウェアリンジェンの作品をかなり発掘。



シェルドンは、中学1年の時に吹いた「南西部の伝説(Southwest Saga)」が好きなのだけど、一般的には「マナティ・リリック」とかのほうが有名らしい。まあ、どちらのフルスコアもちゃんとありました。



スウェアリンジェンは「シーゲード序曲(Seagate Overture)」

http://www.imeem.com/knowitall/music/k5dS8VoD/james_sweringen_seagate_overture/

や、「センチュリア(Centuria、Barnhouse社創立100周年記念曲にも拘らず、実は日本の高校が世界初演を担当した)」

http://www.imeem.com/maelsare/music/-bjws4iR/james_swearingen_centuria/

もいいけど、個人的には「栄光のすべてに(In All Its Glory)」

http://www.imeem.com/sokai/music/hYjjzdk3/james_swearingen_in_all_its_glory/

が好きであります。不協和音→協和音の、緊張~弛緩の連続が心地よい。

ちなみに、「誇りと祝典(Of Pride and Celebration)」

http://www.imeem.com/people/G0Px2g/music/OtWtIzS9/james_swearingen_of_pride_and_celebration/

はコンクール練習で苦労した思い出しかない。



スウェアリンジェンの作品ほど毀誉褒貶の激しいものはなかろうかと。そもそもアメリカの中学校での音楽の授業(週1回の割でバンド練習がある)向けの作品なのだけど、手元にある「ザ・シンフォニックバンドVol.4(音楽之友社・1991年)」で後藤洋氏が指摘しているとおり、一見容易そうなものの和音の重ね方は実はかなり秀逸。上記imeemや、東京佼成WOとかの模範演奏を聴く限り、実は非常に奥深い作品だと思われるのだが。



同じ職場のヒトに尋ねたところ、もう最近はコンクールはオーケストラ(クラシック)のアレンジものが大半で、吹奏楽オリジナル曲はだいぶ減ったそうな。80年代とうって変わってスウェアリンジェンなんて殆ど演奏しないそうで、リードがちらほら、といった程度だそう。驚きです。

#エド・ハックビーとかはブームにすらならなかった模様ですが



そういや、Barnhouse社のサイトには、A.リードの「アルメニアン・ダンス」は予想通りパートIIしかありませぬ。

http://www.barnhouse.com/product.php?id=012-1943-00



※フルスコアが提供されているにも拘わらず、試聴MP3は曲全てではなく、適当に編集されています
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。