So-net無料ブログ作成
検索選択

メモリ増設の威力

随分昔の記事だけど、イーヤマのNT310S

http://ascii24.com/news/i/hard/article/2002/05/29/636113-000.html

というマシンがありまして。

アルミヘアラインの美しいボディーで、2001年当時はそこそこ人気があったらしい。とはいえ、CPUは悪名高いCrusoeのTMS5800(800MHz)、重さは1.65kgと、当時のThinkPad s30あたりと比較すれば、あまりぱっとしないスペック。メモリは256MB(内蔵128+拡張128)。



で、これが手元にある。動作が緩慢とのことで、いつもの通り父親からチューンアップの依頼あり。WinXPをクリーンインストールすれば確実なのだけど、消したくないアプリがいくつか入っている模様。一方、Adobe Reader 7.0という激重なソフトを8以降に更新しようとしたものの、メモリ不足で「プログラムの追加と削除」が正常に動かないというとんでもない状態。



NT310Sのメモリ増設をしようとしたところ、本家のサポートでは大したことが載っていなかったものの、

http://nt310s.at.infoseek.co.jp/

によると、内蔵128MB+拡張512MBで計640MBまで増やせるとの報告あり。当然無保証。

SO-DIMM PC133 CL3 (144pin)であればOKとのことで、Micronのメモリをオークションで入手(5250円。相場相応)。キーボードと本体の隙間にマイナスドライバを突っ込んでこじ開け、メモリを交換。所要時間30秒。

…あっさり、かつ高速に起動。やはりXPは256じゃ駄目ね。512MBでは当然ながら快適に動き、先ほどのプログラム削除もあっさり成功。



メーカーの公表している容量を超えるメモリ(ただし無保証)が動作するケースを経験したのはこれで2度目(最初は先日のカシオペアFIVA)。数年前のマシンも、メモリさえ積めばかなり良く動くものだなあ~と、当たり前のことを改めて実感。



#身の周りの廃ノートに改めて注目しつつあるこの頃。

yama-arashi.comが一時停止します [更新情報]

日本時間5月31日0時~6月1日23時の間、yama-arashi.comのサーバー入れ替えを行います。この間、

・ウェブページは表示されません。

・yama-arashi.com宛のメールについてはエラーとなります。

ご了承くださいませ。

日本語化リトライ(シルクエリア含む) [コンピューター]

TH55日本版/欧州版の比較

メモステの整理をするついでに、久しぶりにCLIE PEG-TH55/E1(欧州版クリエ)のリストアをすることに。

実は、TH55日本語版を酷使するうち、ポケットから何度も落として、透明カバーを割ったりヒンジを壊したりスタイラスを折ったり、凄いことをしてしまっている。こまめにMS BackupやHotSyncしているけど、いつ使えなくなるか分からない状態(もっと大切に扱わないとならんが)。何かあればCLIEデータ転送ユーティリティーに頼らずとも、メモステ経由でデータを移動し、直ちに別のマシンに切り替えられる準備をしておく必要あり。



ついでに、もはやライフワークになりつつある、TH55/E1の日本語化にリトライ。JaPonやATOKを入れるだけではなく、もっといろいろと。

NetFrontやPicselViewerの日本語化は、MS Backupによるインストールで難なく突破(通常のHotSyncやFileZ/McFile経由でのインストールが出来ないアプリは、バックアップフォルダからのリストア法を使う)。

次に、デクマ日本語入力の導入を試みる。Decumaのバージョンが異なるせいか、PEG-TH55/E1のDecuma Latin(V2.0)に対し、PEG-NX80由来のDecumaJ(V1.3)も共存させることは可能。必要なファイルは、Creator:DcmJな

Decuma.prc

Decuma Japanese.prc

decumaSettingsDB.pdb

dltlib_A.prc

の4つ。シルクプラグイン変更は、ステータスバー上のアイコンをタップして、選択画面上から行う。ステータスバー上でスタイラスのスライドを行う通常の方法だと、Shared Library読み込みエラーを起こしハングアップする。

残念ながら、TH55日本語版からCreator:DcmJの6つのファイル(V2.0)を抜き出してTH55/E1にインストールしても使えないし、Decuma Latinの設定画面を開いたとたんにハングアップする。Creatorの異なる2種のDecuma.prcが共に有効になっている模様。対処法は無し。



当然ながら、海外の一般的なPalmOS機のGraffitiエリアの横には「変換/決定/あ/ア/日/英」ボタンはない。一方、ワイドハイレゾ機のヴァーチャルシルクプラグインを置き換える、有名なWonderSilk

http://www.maicca.com/というソフトがあるが、本来は日本語版用。…というわけでTH55/E1のシルクエリアを日本語化すべく、シルクプラグインの自作に挑戦。

Graffitiエリアは、英語版に比べて日本語版は狭く、かつ(ボタン分)4ドット右側に寄っている。これを踏まえつつ、Photoshopで背景とボタンとGraffitiエリアのビットマップデータを作る(微妙な小技を要す)。上の写真の通り。

今後の課題は、アルファベットエリアと数字エリアの境界の微調整、および数字エリアの右端の微調整、アイコン下の文字入れ。ちょっと飽きたのと実用上支障ないので、修正は後日。



そういえば、PalmDesktop 6.2については、以前のエントリ

http://blog.livedoor.jp/dcsya/archives/51391729.html

を書いた後、

http://naozoblog.blogspot.com/2008/03/palm-desktop-by-access-62-for-windows.html

の通り、64bit版のVistaでの動作報告が出ましたな。果たして、来年発売のWindows 7(se7enという表記になる噂も)ではどうなるのでしょうか。

#Windowsの内部バージョン6.x=Vistaは短命に終わりそうです

ハンディカムとメモステの話題 [コンピューター]

だいぶ貯まったソニーカードのポイントに2万程度追加して、ハンディカムHDR-CX7

http://www.sony.jp/products/Consumer/handycam/PRODUCTS/HDR-CX7/に交換。実は、カムコーダーを持つのはこれが初めて。今まではデジカメのムービー機能を使うのみだったので、これからは旅先で鉄道のムービーはじめ、いろいろ撮りまくる予定。

ヨドバシカメラで実機に触れたことがあるけど、改めて持ってみても軽くて小さく(370g)、いろいろ撮り歩いても腕がだるくならない。記憶媒体にメモリースティックDuoを使っているため軽量化できた次第。

発売されたばかりのHDR-TG1

http://www.sony.jp/products/Consumer/handycam/PRODUCTS/HDR-TG1/index.htmlは、世界最小・最軽量(240g)でかつ安い(メモリースティックの分を考慮するとCX7より2万円近く安値)。けど、光学式手ブレ補正を選ぶとCX7のほうになる。

撮ったフルHD画面をPS3で観たけど、画面が綺麗すぎ&臨場感ありすぎで、なんと酔ってしまう。高画質は数メートル離れて観ないといけませんな。



現在うちにあるメモステは、128MB(無印:もう使い道がない)、2GB(Duo:CLIE用)、2GB(ProDuo:CLIE用→一時ハンディカム用)、4GB(ProDuo:PSP用)の4枚で、どれも微妙な容量。

CLIE用としては今日の治療薬データや薬剤情報(DI)のPDF、Navin' You Pocket用の地図データなど、2GBが必要十分(というかそれ以上の容量は認識しない)。PSPやハンディカムは大きければ大きいほど良い。というわけで16GBのメモステDuoを購入中。

#まだ値段が高いですね



というか、これは次エントリの話題の前振り。

XP SP3を入れてみた! [コンピューター]

というわけでタイトルの通り、うちのWinXPマシン(VAIO typeU VGN-UX90PS)にサービスパック3を入れてみました。

…特にトラブルなく終了です。目新しくもなんともない。



#IE7→IE6にダウングレードできなくなるそうですが、関係なし。



Win98の時は、SP2で大きく機能が追加されて、得した気分になったりしましたな。Win2000の時はあまり感動せず。WinMEはそもそもSPは無かったかも。

ちなみにVistaのSP1は、入れてもあまり体感速度は変わりませんでした。つまんないの。

#いつものNavin' Youは問題なく動きました。アドレスキャッチャーはやはり使用禁止のままのほうが無難です(怖くて試してません)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。