So-net無料ブログ作成
検索選択
鉄道・旅行 ブログトップ

久し振りの重要文献出現 [鉄道・旅行]

最近は鉄道趣味も随分一般化した=敷居が低くなったせいで、初心者向けっぽい適当なエッセー集とか地図とかが多く発売されてますな。

更には流行りのペン習字と組み合わせて全駅名を書き取りしましょう的鉄ヲタのご老人か小学生しか買わなさそうな萎え~な本まで発売されるご時世、新潮社の「日本鉄道旅行地図帳」

https://www.shinchosha.co.jp/ssl/railmap/

も、そんなもんかな~的気分で立ち読みしたのだけど。





…素晴らしい。極めて正確かつ必要な情報が集約されており、中上級クラスの鉄道マニアにとっては非常にツボを押さえた必携の本と思えます。

どのくらい掲載されている情報が素晴らしいかをプロの眼でみると(下に行くほど重症)

・邪魔な道路は極力省かれ、鉄道路線が見やすく描かれている

・急勾配区間(25‰以上)・殆どのトンネルが載っている

・廃線跡の鉄道記念公園の類が網羅されている

・森林鉄道・町営軌道・拓殖鉄道の類が網羅されている

・記載が漏れがちな専用線として、旧十勝鉄道(改め日甜専用線)や釧路臨港鉄道が載っている

・国鉄線の線路付替もかなり掲載されている。江別付近の夕張川流路変更に伴うものとか

・改正鉄道敷設法に基づく記事が充実。特に芦別線や(現石北本線の)比布~愛別短絡線が載っている

といった、私も最近知った(あるいは初めて知った)情報が満載。かなり危ないですよこれ。(興奮



こういった膨大な情報を掲載する本の宿命か、いくつかの誤記・収載漏れは仕方ないかも。ただし、突っ込みどころはせいぜい

・ある程度の長さの橋梁は掲載してほしい

・地下鉄・路面電車の記載がやや適当

・改正鉄道敷設法における登川~ペンケオロロップナイ~占冠の未成線記載は、近似ルートの石勝線一本化して可

・昭和新山形成時の胆振線ルート変更は?

くらいのものなので、この種の文献を複数持っている人なら自分で訂正が可能かと。

#ちなみに廃線跡研究家としては、

・「国鉄全線各駅停車」シリーズ(全10巻)

・「JR・私鉄全線各駅停車」シリーズ(全10巻)

・「鉄道廃線跡を歩く」シリーズ(全10巻)

の3種の本については所持が義務付けられています



とりあえず、全巻予約決定しました。当然、第1巻の北海道編は保管用と日常用の2冊を買うことにしましたです。

#典型的な鉄ヲタですな

Googleマップ [鉄道・旅行]

Googleマップというのは本当に便利ですなあ。

メインページのほうで、旅とか鉄道とかのページを作るにあたって、これまではせっせと住所を調べて、それをコピペして云々…といったことをしないとならなかったのが、「検索→右クリック→マイマップに保存」で気に入った場所をコレクション出来るのだから。

とりあえず、こんなのを作ってみたです。



温泉マニアックス(北海道内の行ったことある温泉)

http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&msid=101273557898762749823.00044c3f7737d21142fb0&z=8



科学館・博物館・資料館リスト(北海道を中心に。関東以外)

http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&msid=101273557898762749823.00044c408438fdb051959&z=6



東京の科学館・博物館・資料館リスト

http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&msid=101273557898762749823.00044c40ad98cee80b141&ll=35.85871,139.905056&spn=0.491948,1.079407&z=11



旭川市内の共同作業所

http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&msid=101273557898762749823.00043fe3a450a6ae3220c&ll=43.790734,142.388318&spn=0.054772,0.134926&z=14



旭川市内の精神科病院医院

http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&ie=UTF8&msa=0&msid=101273557898762749823.00043d0a9ecdb706864d5&z=12





あとは航空写真を適応している場所がもっと増えることを祈りたいものです。可能ならば日本列島については山奥から島嶼に至るまで津々浦々。

#鉄道の廃線跡が残っているところだと尚更よろし。

今となっては…(合掌 [鉄道・旅行]

11月は忙しいので、今のうちからページを更新しておく次第。



まず表紙写真は、昨年12月に惜しまれつつ解体された、砂川駅の超長い跨線橋。旧4番ホームと函館本線(および歌志内線)ホームの間に石炭車用の留置線が多く並んでいた名残。今は跡形もありません。



このように、昔は何らかの意味があったものの、今となっては一見存在意義がわからない建造物を「トマソン」というそうな。語源はこちら参照。旭川駅前平和通買物公園(Wikipedia)にも、一部のヒトしか知らないトマソンがあるのですが、これはまた後日アップロードします。





そんなわけで、今回の更新は



帯広・愛国の全面ガラスのピラミッド



のみです。これもここ4年間のうちに壊されてしまいました。有効活用の方法が見当たらなかったようで。



使われなくなった建造物の有効活用をもう少しするようになれば、どこの自治体ももう少し経済的に余裕が出るかもしれません。(大きなお世話

紋別 [鉄道・旅行]

訳あって、紋別に来ております。

この時期だと当然流氷は無いので、オホーツク流氷科学センターまで行って、厳寒体験室に入ってきました。…耐寒服を着ても、10分と耐えられませんでした。。。



今回の紋別観光のメインは、流氷よりむしろ

「名寄本線跡巡り」

でして。紋別駅はモニュメントと「氷紋の駅」(=物産センター。温泉や海鮮市場などが併設)とだだっ広い駐車場に化け、前後のメモリアルロ一ドに路盤跡だな~的印象を感じるしかないのだけど、中心部をやや外れると、バラスト敷きの路盤跡になり、勾配標やキロポストが現れるなど、魅力たっぷりの情景。渚滑駅跡は駅舎こそ解体されたものの、車庫や危険物庫はそのまま残り、扇形機関庫も土台が残っているなど、宝の山状態。満喫できました。次回は北見滝ノ上まで行きたいな。



夜は2晩続けて、紋別駅跡の「氷紋の駅」内の創作居酒屋「蔵」にて食事。

昨日:

マグロ灸りづけ丼 1000円

穴子天ぷら 880円

今日:

海鮮生ちらし 800円

とろけるチーズ(マスカルポーネにメープルシロップをかけ、苺とキウイを沿えたシンプルデザート) 480円

を食べた次第。久々に旨い店でした。特に、づけ丼とチーズはまた来たら食べるつもり。
鉄道・旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。