So-net無料ブログ作成

森の灯(もりの あかり) [随想]

中学生の頃の宿泊研修(というかスキー合宿。いわば修学旅行の前哨戦)では、日高町の「国立日高青少年自然の家」に2泊3日で滞在しつつ、日高国際スキー場で滑りまくったのでした。
建設から10年未満という割と綺麗な施設だったのと、食堂は中学生には斬新なカフェテリア形式だったのと、風呂がわりと大きかったのと、日高国際はわりと見晴らしがよく日高町を一望できるのと、自然の家までの往路・復路に廃止から3年程度の富内線跡が駅名標もそのままに残っていた(当時から廃線ヲタでした。。。)のとが記憶に残っておりまする。

で、この自然の家の「森の中にライトアップされた白壁の建築」のイメージがありまして、作ったのがこれ。ルビも空白も含めるのが正式な表記。もともとはやはりA-B-A形式の吹奏楽曲として作ったのですが、一昨日の記事の通り、中間部=Bを次の「Resoft in Forest」に分けて、いずれも普通のJ-Popとして作り直した次第。なのですが、微妙に(吹奏楽曲ぽさというよりは)当時のJOCぽさが残っているのかもしれません。
(作品番号23、1990年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。