So-net無料ブログ作成

永遠の生と愛 そして復活 [随想]

「光よ!あなたは」のコンサートは11月、その名もThe great concert in 1990、たいそうな名前で。。。
引き続いての「永遠の生と愛 そして復活」も構想開始が10月ということで、随分せっせと作品を作ってたんですねえ、受験勉強前に…。
合唱組曲というか交響詩というかカンタータというか(当然「土の歌」の影響を受けている)誇大的な作品でして。「生きていて」「あの愛 いつまでも」「地球人(だいちびと)」「復活」の4曲から成るのです。
「生きていて」は当初構想では変拍子のオンパレード、結局は4/4拍子に整理。「あの愛 いつまでも」は80年代ポップス風の作品になりかけたものの、改めて無難な合唱曲に。「地球人(だいちびと)」は、たぶん最もオーソドックスにまとまった筈。「復活」はパイプオルガンを使ったりストリングスをガシガシ入れたり、「大地讃頌」とDQ4の終曲と「河口」(これも名曲ですけど、「筑後川」を表現するにはいくらなんでも大仰に過ぎるという批判もあるようで)が渾然一体となったような、もう訳わからないくらいのカオスな作品で。

この組曲には河川は出てきませんけど、「河口」にせよ「モルダウ」にせよ「川の流れのように」にせよ、川がらみでは壮大な曲を書かないとならんというプレッシャーが生まれるのかもしれず。それへの反発で「激流」「氷河」という、相反する作品を後に書くことになるのです。
(作品番号33-36、1990年)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。