So-net無料ブログ作成

冬の夜明け [随想]

いわゆる「朝」シリーズとは一線を画す、静かな作品でして、爽やかとかアクティブとかというイメージとは異なり、しんみりというか寒いピリッと張り詰めた冬の空気という緊張感の強い曲調。その点ではのちの「鉄道林の朝陽」と兄弟のような作品であります。緊張感を抜き出して強調すると「雪原」になるのですが、もちろんこの頃はそんなに悲観的な作品はまだまだ作ってません。
(作品番号52、1991年)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。