So-net無料ブログ作成

雨のキャンプ場 [随想]

キャンプといえば、炊事であれキャンプファイヤーであれフォークダンス(これはうちの中学校ではしなかった筈)であれ、晴れてくれないと困るイベントのひとつ。…中学1年夏のキャンプは、夕刻までは何とか耐えたものの、真夜中から大雨になりまして。私たちはテントの中で朝食時間になるまで大人しくしつつ、テントに雨水が流れ込まないよう、担任の先生方が必死になってテント廻りに溝を掘ってくださっていたというのを後日に知りました。有難く温かい中学時代を送っていたことは間違いありません。
以上、北海道子どもの国キャンプ場での思い出。

荒井由実様の「雨のステイション」という曲がありますが、曲名はこれにインスピレーションを受けたものかどうかは記憶になく。ただ、当時はこの曲をサンバ(!)だと思っていたのです(真島俊夫先生が編曲したNSBの名作「ユーミン・ポートレート」の終曲では、中央フリーウェイからの繋がりで、須川展也先生の演奏を想定したフラジオレット満載なサンバアレンジをされとりまして…)。私のほうの「雨のキャンプ場」が、全くもってしっとりした曲調ではないのは、やっぱり何らかの影響を受けたせいなのかも。「Spring Wind」の次、2作続けてサンバというわけでもありません。

(作品番号58、1991年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。