So-net無料ブログ作成

あすなろの木 [随想]

「あすなろ白書」という漫画の題名に使われるのみならず、日本各地の施設に「あすなろ学園」という名前が多いことからも、あすなろの木は植物の名前としては特別な意味を持って受け止められていますね。言うまでもなく「明日は檜(ひのき)になろう、明日はなろう」といって成長するからあすなろ…という語源だそうで、子供心に何となくの切なさを感じていました。



時は経ち、「あすなろ」でウィキってみると、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%8E%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%AD

だそう。あすなろ<ヒバ<ヒノキなんですね~(包含関係の詳細は上記参照)。

札幌周辺には、ニオイヒバが垣根や公園の樹木として植わさって(北海道弁)いることが多いので、何のことはない、アスナロ属の木々には毎日触れ合っていたんですな。



#それであっても「ニオイヒバ学園」だと、そそらない名前ですな~