So-net無料ブログ作成

iPod Touchはじめました(その3) [コンピューター]

(前エントリから続く)



Google Mapに加え、

http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20080326/1206479563

の通り、Wikipediaをオフラインで参照できるようにしてみる。CLIE用の広辞苑と組み合わせると、すぐさま解決したい謎はほぼ解決できそう。Wikipedia中毒の私には嬉しい限り。



というわけで、CLIEとiPod Touchは、現在のところ使い分けというよりは併用を余儀なくされる模様。更に、携帯電話や職場内PHS(実はPBX(構内交換機)対応のスマートフォンは未だ発売されていない)、場合により打腱機+脳波定規にボールペン…となると、もう胸ポケットには入りきりませぬ。



そういや、PEG-TH55の音質は意外とよいそう&iPod Touchの音質が意外と悪いそう。両方を聴き比べたことはないので詳細は不明だけど、まだウォークマンを付け加える必要はなさそうです。



ひとまず、これまでのまとめというか、本当に欲しいガジェットというものを妄想してみる。

・重さ:180g未満(PEG-TH55を参考に)

・電話機能に加え、カメラ(通常撮影用のメガピクセル・テレビ通話用の低画素の2つ)・GPS・赤外線・無線LAN・BlueTooth・加速度センサー搭載

・送話・受話機能とは別のスピーカー・マイクも付属

・USBからの給電可能。非常用に乾電池も使える

・画面は当然マルチタッチスクリーン、半透過型(有機ELも可)

・音質は出来ればウォークマン並

・メモリースティックand/orSDカード対応

・ジョグダイヤルがあるとなおよい

・おサイフケータイ機能



OSおよびソフトウェアとしては

・Graffiti1およびケータイ入力対応、手書き文字入力もあると嬉しい

・PIMはOutLookともGoogleのウェブアプリとも同期可能

・IE並のブラウザ互換性

・Flash再生可能(Youtubeもニコ動も見放題)

・いつものデータ類が読める

・PalmOS用日本語アプリをエミュレート可能



ていうか、これらを満たすにはiPhoneを買ってSDKに手を出し、更にはハードウェアも自作すべきなのでしょう。既にiPod Touch用外付けマイクを作ろうとしているこの頃。

#まんまとジョブズ総帥の戦略に嵌ってますな

iPod Touchはじめました(その2) [コンピューター]

(前エントリから続く)



次に、CLIEであれiPod Touchであれ、オフラインでデータビューアとして使えさえすれば一向に構わないので、いろいろ試してみるのはいつもの通り。



ファイルメーカー

CLIE:FileMaker Mobileを使えるのでこっちを使う。

iPhone/iPod Touch:オンラインでFM Serverにアクセスするのみ。諦める。



地図

CLIE:ゼンリン地図をいつもの方法で流し込んでNY Pocketで使用(Google MapをPalmOSで使う場合はオフラインキャッシュが働かない。しかもPEG-TH55などCLIEで使うにはGoogleMaps.prcのバイナリを弄る必要あり)

iPhone/iPod Touch:Google MapとMaps offlineとGMDLでオフライン用キャッシュを作って使用(iPod用ベクトル地図は現時点ではない)

詳細地図を入れようとすると、ゼンリン(ベクトル地図)は日本全国で約6GB)、Google(ビットマップ地図)は日本全国で約35GBになる。まあそんなもんでしょうな。

GPS機能はCLIEは外付け。iPhoneはアンテナも内蔵。iPod Touch用についてはBlueToothドングルが既に発売されているので、これとGPSアンテナを繋げるソフトが出るかどうか。



薬剤情報など

CLIE:今日の治療薬などが既に揃っている。全てhttp://www.m2plus.com/の製品に頼りきり。

iPhone/iPod Touch:どうにもならない。



Microsoft OfficeおよびPDFのファイル

CLIE:Documents To Goで変換するか、PicselViewerで閲覧。

iPhone/iPod Touch:Safari経由で閲覧。以下のブログ参照。

http://simplifysimplify.nojukuyaro.net/?p=282

http://simplifysimplify.nojukuyaro.net/?p=288

http://eternalbeta.openprocess.jp/archives/64

というか、ここら辺は、早晩もっと使いやすくなると思われますな。



ゲームはメインの目的ではないので、PenguinPanic/15/iPhysicsなど、タッチパネルや加速度センサーの機能を引き出すソフトを入れてみたのみ。まあいずれファミコンエミュは入れるかも。



音楽は、自作というか友人にアレンジして貰った曲も当然導入。

更に、大麻東小学校の校歌(なぜか豪華にオーケストラアレンジされているもの)

http://www.ebetsu-city.ed.jp/ohigasi-s/newpage2.htm

とか、札幌開成高校の校歌・生徒の歌

http://www.kaisei-h.sapporo-c.ed.jp/kouka/kouka.html

http://jp.youtube.com/watch?v=Jrh90CS1m0I

とか(手持ちは吹奏楽+合唱版。ググったら初音ミク版も出てきた)も入れてみる。大学歌も持ってるけどiPodには入れず。



ビデオは、これ。iPodにはやっぱりこれを入れないとね。

http://tiftykk.blogzine.jp/big_kahuna_burger/files/iPod_sazae.mov



ケースは、これ。無難な良品。

http://www2.elecom.co.jp/avd/ipod/case/avd-sca1t/index.asp



(次エントリへ続く)

iPod Touchはじめました(その1) [コンピューター]

先日「物欲に打ち克つ方法を必死に模索している次第」と書いたにもかかわらず、近所の100満ボルトにiPod Touch 8GB 初期バージョン(Google Mapやメール等が搭載されていない)が29800円で投げ売りされていたので、貯まった800ポイント+1000円分の割引券で、あっさり買ってしまいました。

※一般のヒトは36800円の現行バージョンを普通に購入すると思われます



で、最初にすることは、当然脱獄。

http://shopdd.blog51.fc2.com/blog-entry-673.html

に従ってファームウェアを1.1.4にアップデートしたのち、ZiPhone

http://www.ziphone.org/

でJailbreak完了。…うーむ、脱獄というよりも、もはや段ボールハウスから子供が出入りするくらい簡単になってます。GUIってのは便利ですなあ。



あとは思いつくがままの蹂躪。

Installerを入れ、のち現行バージョン用追加アプリをさくっと導入。

続き、FinderやTerminalを入れ、内部で動作しているOSXのサブシステムに触りまくり。

果てはFileZillaでSSH接続し、FTP(SFTP)でデータを出し入れする始末。



さて、ひと段落ついたところで、文字入力の手段は永遠のテーマなので、以前から注目していたHWPenを入れてみる。以下のブログ参照。

http://ipodtouchlab.com/2008/04/iphoneipod-touchhwpen.html

…期待させる入力パネルのくせに、Graffiti1入力ができない。うそつき!!!(意味不明

#Graffiti2な入力は出来るけど、それでは意味がないのですよ

まあ、HWPenは中国語手書き入力を目的としているわけで、速攻Appleが技術を買い取り&ファームウェア2.0に反映させるそうな。

ちなみに2.0では日本語は手書きは未対応、代わりにケータイ入力対応だそうで。POBoxを基にした予測変換が、ようやく本領を発揮すると思われます。



(次エントリへ続く)