So-net無料ブログ作成

HNT-BT1(というかBT Ada Utl)との格闘 [コンピューター]

やや昔のエントリ

http://blog.livedoor.jp/dcsya/archives/50442734.html

以降、徒歩/チャリナビを快適に行う方法の模索を続けていて、CLIEとGU-BT1を繋げるアプリケーション群

http://www.palmdreams.net/DownLoad/index_DownLoad.html

の中から

「CLIE PEG-TH55/E1(欧米版)+GU-BT1+NavnBTi」

の組み合わせをこれまで主に用いてきた次第。



で、本来は

「CLIE PEG-TH55(国内版)+HNT-BT1+GU-BT1+NavnBTあるいはGPS2Gearth」

の組み合わせで使いたかったものの、接続がなぜか確立せず、PalmDreamsの管理人さんに相談するも解決法が見当たらないまま、数か月が経過。

※ルプランでは正常に動作しており、ハードウェア的な問題でないのは明らか。



この度、

http://palmdreams.blog.ocn.ne.jp/weblog/2008/07/post_96b1.html

の通り、GPS2Gearthの最新版が出たので、早速使用しつつ、改めて設定を見直す。



いろいろググるうち、ソニ☆モバ

http://so-mo.net/archives/2005/03/bluetoothhntbt1_5.html

およびハギワラシスコムの製品情報

http://www.hscjpn.co.jp/products_s.php?idno=226&mode=method

に辿り着いたのだが、携帯電話やGPSなどの周辺機器を用いる場合、HNT-BT1の専用ユーティリティ「BT Ada Utl」で、プロファイルを適切に設定しないとならなかったらしい。当然、GPSキットはシリアルポート接続なので、DUN;Dial-Up Network(これがデフォルト)からSPP;Serial Portに変更すれば良いことに今更気付く。

#初歩的ミスですな。ていうか、BT Ada Utlで、設定変更→画面左上タップ→オプション→プロファイル設定…という流れは、殆ど隠しメニューと同等だと思われます



というわけで、やっと無事にPEG-TH55でGPSGearthが動作。素晴らしい。



ミニーの実験室

http://www.hscjpn.co.jp/products_s.php?idno=226&mode=method

の通り、HNT-BT1はGPSとだけではなく、いろいろな周辺機器と組み合わせて活用できる模様。もっと弄り倒さないとなりませんな。

#ってことは、BlueTooth搭載のiPhoneとも接続することもできるのかな?(意味ない



そういえば、PalmOSで

環境設定→ネットワーク→画面左上タップ→オプション→ログ表示

の画面は、文字通りの単なるログ表示画面ではなく、実はコマンドプロンプトとして使える(文字入力をしてリモートコンピュータを制御できる)そうな。

他のパソコンにリモートログインしたり、ターミナルでコマンドを打ち込んだりすることはもう滅多にないですが、非常時には役立つ機能ですな。