So-net無料ブログ作成

Resort in Forest [随想]

というわけで中間部、ゆったりとしたバラード。森のイメージはこちらのほうが強いかもしれないのですが、当時開発されつつあった「アルファリゾート占冠」への憧れもありまして、そのイメージを強く受けたものでありまする。なので、当時のCMのサウンドロゴの記憶を、エンディングのモチーフとしてうっすらと入れている次第。Youtubeなどで探しているんですが見つからないですねえ、当時のCM。

当時はトマムという地名はまだ広く知られていなかった模様で、リゾート開発はこの名称だったのでした。そもそも現ホロカ信号場は「トマム信号場」でしたし、現トマム駅は「石勝高原駅」という謎秘境駅でしたし。
トマムリゾートは現在の規模の半分ではあったものの、ともかく洗練されてお洒落。レストランの中から見る樹海はライトアップも相まって幻想的・神秘的。当時のようなバブル全盛期の大人のリゾートって贅沢感があって良かったのですよ。いまのファミリー向けの雰囲気もまあいいんですけどねえ。
(作品番号24、1990年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

森の灯(もりの あかり) [随想]

中学生の頃の宿泊研修(というかスキー合宿。いわば修学旅行の前哨戦)では、日高町の「国立日高青少年自然の家」に2泊3日で滞在しつつ、日高国際スキー場で滑りまくったのでした。
建設から10年未満という割と綺麗な施設だったのと、食堂は中学生には斬新なカフェテリア形式だったのと、風呂がわりと大きかったのと、日高国際はわりと見晴らしがよく日高町を一望できるのと、自然の家までの往路・復路に廃止から3年程度の富内線跡が駅名標もそのままに残っていた(当時から廃線ヲタでした。。。)のとが記憶に残っておりまする。

で、この自然の家の「森の中にライトアップされた白壁の建築」のイメージがありまして、作ったのがこれ。ルビも空白も含めるのが正式な表記。もともとはやはりA-B-A形式の吹奏楽曲として作ったのですが、一昨日の記事の通り、中間部=Bを次の「Resoft in Forest」に分けて、いずれも普通のJ-Popとして作り直した次第。なのですが、微妙に(吹奏楽曲ぽさというよりは)当時のJOCぽさが残っているのかもしれません。
(作品番号23、1990年)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー