So-net無料ブログ作成

雪印乳業の業務縮小による思わぬ影響(長 [医療]

雪印乳業の業務の大部分がメグミルクに移行して暫く経ち、ユーミンの新曲がCMで流れるたびに、「あ~、メグミルクかあ」と擦り込み現象が働いている最近。



実はタイトルの通り、意外なところに雪印の製品が使われていたのです。

東京大学医学部生化学教室(細胞情報研究部門)ラボマニュアル ウェスタンブロッティング

http://www.biochem2.m.u-tokyo.ac.jp/web/contents/Manuals/manual091.html

のプロトコルに掲載されている通り、ブロッキング液には「雪印ブロックエース」というものを使うのです。正体は、抗原抗体反応における非特異的反応抑制剤。比較的分子量の大きい蛋白で、ノンスペシフィックな信号をマスクするわけですな。



で、これが品薄になる恐れが将来あるわけで、スキムミルクとかの代替品を模索してみると、結局のところ明治コナミルクすこやか(ブロック時間に合わせて5~10%の濃度で調製)が、なかなか素敵な感じということがわかりましたです。



ところで、世の中のカップルを不穏にするバレンタインデーに合わせて、雪印生チョコキットというのが発売されたそうな。

http://www.snowbrand.co.jp/products/other/24/index.html(期間限定の記事っぽい)

溶かしたチョコレートに、生クリームの代わりに『「スノウブランマスカルポーネ」か「フロマージュブラン」を用意するだけ。「マスカルポーネ」で作ればコクのあるチョコに、「フロマージュブラン」で作れば爽やかな味わいのチョコに、仕上げることができます。』ですって。…貰えなくても、自分で作って食べてみたいです。。。